読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール綾川店 シマブロ

島村楽器 イオンモール綾川店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

スタッフ岩崎のちょっと気になる気まぐれminiブログ Vol.21~実はちょっと違うのです…!?編~

こんにちは~!!
Brian Setzer稲葉浩志さんのライブに行ってきた岩崎です~!!
特に稲葉さんのライブでは、稲葉さんは勿論、
大好きなFUZZY CONTROL(現在休止中…つらたんです…。)の
JUONさんとSATOKOさん、
そして「Made in Asia」Duranさんが出てたので
もう、たまらん…って感じでした♪
めっちゃ元気貰ってきたので、めっちゃ元気なうです!!

ちなみに、Duranさんは今月号のGuitar Magazineから
「Walking with NEO BLUESMAN
~ブルース・ギター超絶アレンジ講座」

という企画も始まっておりますので、
是非チェックして見て下さい!!

そんな元気な岩崎が紹介する本日の商品は、
先日ブログに載せたエフェクターボードについての記事が
意外に好評を頂いているみたいなので、
それに関連したブログを書いてみようと思います!!
↓(よかったら読んでくださいまし~!!)↓
ayagawa.shimablo.com

FREE THE TONE SOLDERLESS CABLEの違い??

f:id:shima_c_ayagawa:20160216185801j:plain
前々から気になっていた方もいるのでは??
「GOLD」「NICKEL」で何が違うのでしょうか??

色が違う…!!

それはそうなのですが…。
実はちょっとばかし、構造が違っております。
「FREE THE TONE」さんのHPを見て頂ければわかる事なのですが・・・、
www.freethetone.com
それをしてしまっては僕がブログを書いている意味がないので、
簡単に「GOLD」の方を中心に解説してみようと思います~!!

まずは…。
f:id:shima_c_ayagawa:20160216190522j:plain
名前が違いますね~!!
「NICKEL」が、SL-8S・SL-8L。
「GOLD」が、SL-8SPro・SL-8LPro。

そ~です、「GOLD」の方には
Proの文字が入っております!!
単純に色の違いだけではないみたいですね~!!
それでは次はそこをチェックしてみましょう…。

Proってなんだっ!?

f:id:shima_c_ayagawa:20160216191158j:plain
SL-8 Proシリーズは金メッキ処理されており、
さらに高音質タイプです。

また、作製時にシールド処理を行い、
グランド側の接触抵抗値をより下げる事ができます。
(FREE THE TONE HP参照)

ふむふむ…。
要するに、
より「高音質に綺麗な音を伝える。」
といったところでしょうか。

ちなみに…。

接触抵抗値とは??

簡単にお伝えすると、
「電流の流れにくさ。」
といった感じでしょうか。
抵抗値が大きければ大きいほど伝達率が悪くなり、
楽器に関して言えば、音質が劣化するといった感じですね。

つぎは…

それでは作ってみましょ~!!

メーカーHPを参照にしながら「GOLD」の方、
すなわち「Pro」シリーズを作ってみました~!!
※ここから下はを分かりやすくする為に名前を
 「NICKEL」「GOLD」で統一していきます~!!
www.freethetone.com
実は、「NICKEL」「GOLD」作り方が若干違うのです!!

「NICKEL」ケーブルを切断してプラグにさせばいいだけでOKです!!
(↓参考動画です。)

「GOLD」ケーブルを切断するまでは一緒なのですが、
ケーブルを切った後、被覆を剥いでシールド線を返さなければなりません。
(↓参考動画です。)

手間が掛かる分、接触抵抗値を下げて音質が上がるわけですね♪

分かりやすい動画です。
大変勉強になります。
何回見たかわかりません。
皆さんも何百回も見てみてくださいまし。

ここまでを簡単にまとめると…。
サクッと作りたい場合は「NICKEL」。
音質にこだわるなら「GOLD」。
といったところでしょうか??
困ったら聞いて下さいませ♪

ではでは早速作ってみましょ~!!

プラグを用意します!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226100459j:plain
今回はストレート・L字両方つかいました。

必要な長さに合わせてケーブルを切ります!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226100629j:plain

ケーブルの被覆を8㎜剥ぎます。

f:id:shima_c_ayagawa:20160226100756j:plain
なぜこのような画像なのでしょうか?
なぜ8mmなのでしょうか?

気になる点があると思うのですが、
そこは「GOLD」の動画を見て頂ければ理解して頂けるはずです!!
もしくは店頭で聞いて下さいまし♪

被覆剥ぎました~!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226101013j:plain

シールド線返しました~!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226101036j:plain
後はネジでシールド線とプラグを合体さすだけです♪
するとパッチケーブルの完成というわけです!!

ちなみに…
f:id:shima_c_ayagawa:20160226101339j:plain
このようにして、
片方のプラグが出来た段階でアンプに指し、
未だ作れてない方を指で触って
「ブー」とか、「ジッ、ジッ」とか音が鳴れば
通電している状況なので後で音が鳴らない…。
って問題も事前に防げると思います!!

後はもう片方も作って、音が出れば完成です!!

そして今回は「GOLD」を使ってエフェクターボードを作ってみました!!
ここからはサクッといきます!!

スタート画像です。

f:id:shima_c_ayagawa:20160226102137j:plain
いい感じにごちゃっとしてます。(笑)
解体作業スタートです。

解体終了っ!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226102310j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20160226102316j:plain
今回は出来るだけ使っていたシールドも使って欲しい…。
との事だったので、このシールド達もできるかぎり使いますっ!!

並び替えました!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226102652j:plain

仮組みしました。

f:id:shima_c_ayagawa:20160226102757j:plain
とりあえずプラグを指してみて、
何処にどのシールドを使うか考えます。
そして…。

完成ですっ!!

f:id:shima_c_ayagawa:20160226102935j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20160226102940j:plain
すっきりしたのでは無いのでしょうか!?

こんな感じでエフェクター関連の
記事も今後紹介していこうと思います♪

本日は以上!!
次回もおなしゃす!!
それではさよ~なり~!!
岩崎

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.