島村楽器 イオンモール綾川店 シマブロ

島村楽器 イオンモール綾川店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

わたしたちの気まぐれブログ♪ーvol.1ー手のお手入れ編

こんにちはー!島村楽器綾川店の阪口です!!
島村楽器綾川店女性スタッフで商品の相談をしていた時に「ブログ初めてみる?」とサラッと決まった「わたしたちの気まぐれブログ♪」。タイトル通り本日から綾川店の女子メンバーで気まぐれに更新しようと思うので何かの合間に見てくれたら嬉しいです!!
今回はこんな商品をご紹介!
f:id:shima_c_ayagawa:20180327150118j:plain
ピアノ奏者のためのハンドケアBOOK
ピアノ奏者さんにとってなにより大切な手と指をピアニストの方が実践しているハンドケアが載ってます!手荒れや指先の冷え、女性の方は多いですよね(;´Д`)
「まかないこすめ」のハンドクリーム付きなので人前で演奏する際には手元もケアしたい!!そんな方にオススメです♪プレゼントにもいいですねー♪その他にも音符柄、鍵盤柄の爪切り
f:id:shima_c_ayagawa:20180327151830j:plain
同じく楽譜柄、鍵盤柄の爪磨きも取り扱ってます!
f:id:shima_c_ayagawa:20180327151925j:plain
阪口は「まかないこすめ」使ったことないのでブログを書きながら気になっています..(*‘ω‘ *)


あ..


f:id:shima_c_ayagawa:20180327163309j:plain
綾川店スタッフの廣瀬さんと辻本さんも気になっていますね(笑)
まだまだ乾燥は続いてるので気になる方は是非綾川店へ~(/・ω・)/
今回の担当は阪口でしたー♪

次回は誰でしょう??お楽しみに♪♪♪

『Saito Guitarsに潜入!』編~スタッフ岩崎のちょっと気になる気まぐれminiブログ Vol.55

こんにちは!毎度おなじみ、岩崎です!
アメトークB’z芸人は見られましたか?
岩崎はもちろんニヤニヤしながら楽しく拝見しました!

なかでも、20周年ライブで稲葉さんがMCで話したあの言葉…。
岩崎はあの会場であの言葉を聞き、号泣してRUNを聞いた記憶が蘇りました…!

涙が止まりませんでした…!
最高でしたね♪

そんな思い出が出来たのはギターに出会ったおかげ!
今回は、人気のメーカー潜入シリーズ!
今回は、最高の道具を作ってくれるあのメーカー
それではいきます!

齋藤楽器工房に潜入!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324105755j:plain
岩崎、久しぶりのお出かけシリーズです!

1発目は話題のブランド「Saito Guitars」にお邪魔してきました!

まずは「Saito Guitars」とは…

『シンプルで美しい道具』こそ、Saito Guitarsが目指すものづくり。

演奏環境やプレイスタイルが多様化しているなか、体感してもらいたい真の『機能美』。
あらゆるものをそぎ落とし、楽器としての機能と演奏性のみを追求した結果、生まれたシンプルで美しいデザイン。
ジャンルを問わず、演奏者の今の力を最大限に引き出してくれる『道具』となることを私たちは願います。

メーカーHP抜粋

綾川店にも過去2本のギターが入荷しておりました…!
www.shimamura.co.jp

一瞬でなくなってしまいましたが…。
本当にいいギターたちでした!
オーナーさんは大切にしてあげてくださいね♪


そんな「Saito Guitars」の工房は
東京駅から約30分…!
埼玉県川口市にあります!
駅で営業の杣さんに会い、車で運んで頂く事数分…。
(杣さん、ありがとうございました…!)

齋藤楽器工房に到着!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324105048j:plain

中に入って早速…。

Saito Guitarsに詳しい方はご存知!

端材発見!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324105840j:plain

いきなり端材からスタートする工房見学…!
最高です!(笑)

この子たちは川口の銭湯・喜楽湯さんで素晴らしい木材の香りと共に
皆さんをあたためてくれます…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324105945p:plain
素晴らしい!

その奥には…

先ほどの端材の元!

ボディー発見!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324110412j:plain

ボディーがついている状態です!
めっちゃきれいな木目ですね♪
(この画像は意外とレアでは…?)

NCルーターを使って1枚の板から上の状態になります…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110442j:plain

この段階で、もうすでにアーチ状になっていたり…。
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110557j:plain

ピックアップの溝等も削られています!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110613j:plain

裏側はこんな感じです!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110637j:plain

この画像でわかるように、プラモデルみたいに
木材から本体を切り出します!

そして、画像ではわかりにくいですが、
トップのアーチにも合わせてキャビティー内部
の溝もアーチ状に削りだされており、非常に丁寧な
仕上がりとなっておりました!

そして…

ネック発見!

その隣にはネックも!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110757j:plain

綺麗なネックです…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110833j:plain

注目すべきはここっ!

フレット溝に注目!

フレット溝はサイドまで切り込みを入れてないそうです!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324110907j:plain

(バインディングされているような感じですねっ♪)

こうすることによって、
たとえ指板が乾燥して伸縮してもフレットバリが出にくく、
演奏に支障がでにくくなるとの事!

これがスムーズなフィンガリングにつながっていきます…!

さらに…。

ジョイント部分に注目!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324111130j:plain

ジョイント部分には金具を入れることで、
ネックを外してもねじ穴がバカになりにくく、
ネックを痛めないとの事です…!

これはプレーヤーからすると本当に助かりますねっ!

そして次に見せて頂いたのは塗装前のボディー。

f:id:shima_c_ayagawa:20180324111615j:plain

この子が塗装されて皆さんの手元やお店にやってくるわけです…。

そして…

SAYTONE発見!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324111648j:plain
エレキギターの心臓部、そしてSaito Guitarsの要、

「SAYTONE」を発見!

実は、Saito Guitarsのピックアップはすべて手巻き…!
それだけでなく、パーツ等もすべてオリジナルとの事!
一つ一つ丁寧に作られた手巻きピックアップに、
あのボディーたちと組み合わせばいう事無し!

最高の道具が完成するわけです!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112125j:plain

様々な工程がこの川口市の齋藤楽器工房で行われ、
作られているわけですね♪

そして!

今回ただただ見学してきたわけではありません!
もちろん、ギターをオーダーしてきました!

次はその様子をお届け…!

木材選定

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112159j:plain
この日はたまたま木材が入荷した日だったようで、
沢山の木材が…よだれがとまりません!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112223j:plain
…。

選びがいがあります…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324112244j:plain

決めました!

今回選んだのはこの子たち!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112440j:plain

その後この中からアッシュ材2枚とアルダー材1枚を選びました!

コンセプトは、アッシュ材はとにかく木目が詰まって軽いものを。
アルダー材は重くて木目が詰まったものを選んできました!

この木材達には、岩崎もにやにやです!
f:id:shima_c_ayagawa:20180324112310j:plain

そして…。

加工スタート!

ついに綾川店用のギター作成がスタート!
その様子をダイジェストで記載します!

ボディー完成!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112606j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112616j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112631j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112642j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112651j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20180324112659j:plain

塗装完了

f:id:shima_c_ayagawa:20180324113624j:plain
これは人気の「Cineraria」ですね♪

f:id:shima_c_ayagawa:20180324113703j:plain
こちらは「Cineraria」を元に、営業の杣さん
と相談して出来たNEWカラーの「Pink Cineraria」!
めっちゃ綺麗です!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324113741j:plain
上記2本+Nakedの3本をオーダーしてきました!

そして…

完成したのがこちらっ!

S-622 Naked

f:id:shima_c_ayagawa:20180324113953j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180324114001j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180324114008j:plain
info.shimamura.co.jp

S-622 Cineraria

f:id:shima_c_ayagawa:20180324114059j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180324114111j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180324114118j:plain
info.shimamura.co.jp

S-622 Pink Cineraria

f:id:shima_c_ayagawa:20180324114226j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180324114234j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180324114242j:plain
info.shimamura.co.jp

これは僕がどうしても作りたかったNEWカラーのピンクサイネリアです!

そしてこのギターたちが…

綾川店にSaito Guitarsが入荷!

f:id:shima_c_ayagawa:20180324115052j:plain

ついに店頭に「Saito Guitars」がやってきました!
是非Saito Guitarsの素晴らしさを体感してください!

ブログはこれにて終了!
次回もお願いします!!
それではさよ~なら~!!
岩崎

店長穴吹のminiブログ『今、この人キテるやん?』編Vol.6

お久しぶりです!穴吹です!すっかり冬の寒さも遠のい
てきましたね!さて恒例になってきましたこのブログで
すが、本日は誰がお店にやってきたのでしょうか…!?

本日のゲストはBIGなゲスト!
なんとメジャーデビューアーティストが綾川店にご来店!
現在破竹の勢いでファンを増やし続けているバン
ド……。
四星球(スーシンチュウ)のDr、モリスさんです!

f:id:shima_c_ayagawa:20180316091727j:plain

今回なんとドラマー憧れの雑誌、リズム&ドラムマガジ
ンの2018年4月号で特集された模様!
f:id:shima_c_ayagawa:20180316092608j:plain
当店にわざわざ足を運んで購入してくれました!
内容が気になる方は今すぐ、島村楽器イオンモ
ール綾川店にGO!(笑)

モリスさんは当店でシンバルやスティック等を購入し
てくれており、今回雑誌の購入も有難うございます!

現在、様々なフェスのみならずメディアへの露出も多
くなってきたバンドですが、それでもまだ知らない!
という方の為に四星球(スーシンチュウ)というバン
ドを少しご紹介したいと思います!


2002年、北島康雄とU太を中心に鳴門教育大学の音楽
サークルで結成、2009年、現在のメンバーとなる。ま
るで運動会のような型破りのライブパフォーマンスに
加え、森羅万象の「あるあるネタ」をロックに昇華さ
せた“泣けるコミックソング”が注目され、2008年より
四国最大のロックフェスMONSTER baSHへ出演を重ね
るようになる。
2010年代に入り、ある年のMONSTER baSHで四星球の
ステージをみたマキシマム ザ ホルモンのナヲが、「京
都大作戦」を主宰する10-FEET のTAKUMAにその場か
ら携帯電話で興奮と馬鹿らしさと少しの感動をレポート
、このことがきっかけで2013年の京都大作戦出演が実
現し、さらに、2014年のMONSTER baSHで大トリを務
めた四星球のステージを目の当たりしたDragon Ash
Kjは2015年、自身がキュレーターを務める幕張メッセ
でのロックフェス「Bowline」に四星球を招聘、彼らの
“東京進出”を後押しすることとなった。また、2014年に
メジャーデビューしいまや全国を席巻する盟友キュウソ
ネコカミとは数々の名勝負、珍勝負を繰り広げ、四星球
への注目度を一躍、高めることにも繋がっている。
バンドのキャリアやセールスに関係なく、ただステージ
上の実力だけが問われる群雄割拠のロックシーンに“笑
い”という切り札で旋風をおこし、シーンの猛者たちを
も虜にしてしまうコミックバンド・四星球。その勢いは
2016年の夏、ロックインジャパンやライジングサンへ
の初参戦により、ついに日本じゅうを射程圏内に入れ
てしまった。
’10年代の“フェス文化”全国化に伴い、水を得た魚のよ
うに活躍の場を広げ始めた四星球。彼らはロックフェ
スという成熟した“メディア”が生み出した新しいヒー
ローの姿であり、つまりはこの時代の申し子といえる
だろう。
10月1日にはわずか10秒間の笑撃音源「時間がないと
きのRIVER」を配信、話題拡散中!
そして2017年1月25日、ついにメジャー進出!
youtu.be
youtu.be
youtu.be

兎に角彼らの良さはライブ!近日の予定ではなんとサヌ
キロックコロシアムのトリ(3/18日 20時頃)で出演予
定!瓦町駅地下広場にて彼らの衝撃、いや笑撃のライブ
を体感してみて下さい!でも笑いだけじゃなく『泣き』
の要素も兼ね備え、ライブというよりかはエンターテイ
メントに近いものがあります!打倒USJという事なので、
是非皆様足を運んでみて下さい!

そしてモリスさんが乗っているリズム&ドラムマガジン
も絶賛取扱中!皆さまのご来店お待ちしております!

『Roland新製品発表会に行ってきました!』編~スタッフ岩崎のちょっと気になる気まぐれminiブログ Vol.54

こんにちは!岩崎です!
先日行われたRoland/BOSS 新製品発表会に参加して
まいりましたのでレポートさせて頂きます!

それではいきます!

Roland/BOSS 新製品発表会に参加してきました!

f:id:shima_c_ayagawa:20180218192321j:plain
2018年2月7日に恵比寿で行われた
ローランド&ボス新製品発表会に行ってきました!
f:id:shima_c_ayagawa:20180218192410j:plain
1月末にアメリカはアナハイムで行われた世界最大規模の楽器ショー、
NAMMShowでも紹介された新製品達をご紹介いたします!

まずはこちらっ!

KATANA-AIR

f:id:shima_c_ayagawa:20180218192447j:plain
www.boss.info

早速登場!
気になっている方がお多いのでは!?

話題沸騰中のKATANA-AIR
f:id:shima_c_ayagawa:20180218192541j:plain
実際に使用してみた感じですが、
レイテンシーは全然感じられずすごく使いやすいアンプでした!

しかも!!

一定時間弾かないと自動的に電源がおちるようになっており、
ギターを持つと勝手に接続を再開してくれるとの事!

なんて便利なのでしょう…!

電源を入れっぱなしにしても電池がなくなることがないなんて…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180218192740j:plain
電源ケーブルで動くのはもちろんですが、単三×8本で動くのはとても魅力的!
30Wのパワーもあり、自宅で使うのはもってこいですね♪
※KATANA-AIRは、電池使用時に最大出力20W、ACアダプター使用時に最大出力30Wとなります

そして…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180218192632j:plain
つまみはスマホ等から遠隔操作することもでき、
スマホから曲を流しつつスピーカーで聞きながら演奏もできるようです!

それだけでなく、スマホのアプリ内でBOSSのプロアーティスト音源も
すぐにダウンロードできるようになっており、様々な音色が手軽に楽しめるようです!

また、トランスミッターが様々なギターに対応しており装着の問題はなさそうでした。
(アクティブ系は試せなかったので、そこは確認してみないとわかりませんでした。)

非常に便利なKATANA-AIR
気になります!
4月頃発売予定!

つぎは…

Katana-Artist

f:id:shima_c_ayagawa:20180218201742j:plain
www.boss.info

KATANAシリーズの基本性能に一層の磨きをかけた、最大出力100Wのフラッグシップ・モデルの登場です!

12インチ(30cm)WAZAスピーカーに一新された事で、かなり輪郭がはっきりしたサウンドになったように感じました!
HPに書いている事ですが、多彩なBOSSエフェクトを搭載されているので、ギターとアンプだけでライブ・パフォーマンスが完結します!
まさにシンプルで直感的なコントロールを備えた実戦的アンプですね♪
(ブログを書いていて感じたのですが、RolandのHPってすごくわかりやすいですね…!)

次は…

RC-1-BK

f:id:shima_c_ayagawa:20180218193132j:plain
RC-1-BKは、LOOP STATIONシリーズの累計100万台セールス突破を記念した、RC-1の限定モデルです。

100万台ってすごいですねっ!

内容は通常のRC1と一緒ですが、

筐体がブラック
かっこいいですね♪

2018年限定発売!
要チェックです!

次は…

GT-1000

f:id:shima_c_ayagawa:20180218200237j:plain
www.boss.info

GT1000 はGT100に比べて一回り小さくなっておりました!

型名 奥行 高さ 重さ
GT-100 542mm 271mm 80mm 4.8kg
GT-1000 462mm 248mm 70mm 3.6kg

視認性も高く、ライブにもってこいのアイテムでした!
f:id:shima_c_ayagawa:20180218200314j:plain
使用してみた感じですが、空間系のサウンドがとても気持ちよかったです!

HPに「コンパクト・ペダルのXシリーズで使われているMDP技術や、DD-500 Digital Delay、MD-500 Modulation、RV-500 Reverbにも採用されている高度なアルゴリズムにより設計された最新のエフェクトも多数内蔵」と書いているように本当にBOSSがまとめて手に入り、しかも軽くて使いやす!という印象でした!

また、反応も早くバンドマンにこそ使っていただきたいエフェクターでした!

この小ささは本当に魅力的でした!こうご期待!

次は…

R-07

f:id:shima_c_ayagawa:20180218200531j:plain
www.roland.com

新たなレコーダーの登場です!

150g、コンパクトで使いやすいレコーダーで、こちらもスマホ連動します。
f:id:shima_c_ayagawa:20180218200603j:plain
単3×2本で15時間稼働というのも魅力的でした。

リハーサル機能をつかえば録音レベルを自動的に調整してくれ、一番聞きやすい音量感で録音してくれるとの事!そして、録音したものをBluetoothで色んな媒体に飛ばす事ができるので、録音したものをすぐに聞くのはもちろんですが、Bluetooth対応したアンプに飛ばせばメンバー全員で録音したものをアンプから聞けるので、バンド練習や吹奏楽部の練習確認にもってこいと感じました!

次は…

GP609

f:id:shima_c_ayagawa:20180218200806j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180218200824j:plain
www.roland.com

人気なLXシリーズのグランドピアノバージョンが登場!

7つのスピーカーによる6.1chマルチ・スピーカー・システムでアコースティック・グランドピアノの迫力ある音場感を再現!
そしてBluetooth機能に対応しているので、ワイヤレスでオーディオ再生も可能。

お店でBGMを流すのにも活躍してくれそうです!

スピーカーの位置などにこだわって作っているので、中型のホールなら問題なく使えるとのことでした。

コンパクトなので、自宅での使用はもちろん!
お店やラウンジなどに最適なピアノですね♪

次は…

KF-10-KSB

f:id:shima_c_ayagawa:20180218200851j:plain
カリモク家具ローランドのコラボレーションでうまれたデジタルピアノKIYOLAから新色が登場!
f:id:shima_c_ayagawa:20180218200925j:plain
天然木を採用し、質感とデザインにこだわり、家具に調和するデザインが特長的!

新色ではありませんが、ナチュラルカラーのものは綾川店に展示しておりますので、ぜひお試しくださいませ!

次は…

RT-Mics

www.roland.com

今回の発表会で一番興奮したかもしれません…!

生ドラムに直接付けてラインを通せばエフェクト音がする、という商品でした!

本体自体にマイクがついているので、取り付けが非常に楽でした!

8色の音色を本体に取り込むことが出来、音色を選ぶだけで普段よりクリアで存在感のあるスネア・サウンドや、ハンド・クラップの音を加えた個性的なパフォーマンスが行えるとの事!そして、エフェクト音だけor生音とエフェクト音をMIXさせた音を簡単にラインで出すことが出来ます!

また、プリセット音源は専用ソフトを使えば直ぐに好きな音色にを変更したりできるようです。

単三電池で駆動するのも魅力的!

あらたなパフォーマンスが生まれてきそうですねっ!

ツギハ・・・

TM-6

f:id:shima_c_ayagawa:20180218201332j:plain
www.roland.com

RT-Micsをさらに強力にしたもの、という感じでした!
こちらは最大6つのトリガー入力に対応しており、トリガーを使用することでアコースティックドラムに重ねて演奏することが出来、500種内蔵したドラム音源モジュールから選択する事が可能です!

どちらもライブパフォーマンスに飛躍的な進化をもたらすアイテムでした!

以上になります!

今回の発表会はスマホと連動するアイテムが多数あるように感じました!
遠隔操作ができるのは非常に便利ですね♪
物欲が加速します…。(笑)
さて今回の発表会はこれだけではおわりません!

こんなものも展示されておりました…!
f:id:shima_c_ayagawa:20180218202447j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180218202458j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180218202525j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20180218202541j:plain
次回、おまけブログにて当日展示されていたものを
フューチャーしてみようと思います!

ブログはこれにて終了!
次回もお願いします!!
それではさよ~なら~!!
岩崎

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.