島村楽器 イオンモール綾川店 シマブロ

島村楽器 イオンモール綾川店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

『大村孝佳 Kemper解説セミナー開催しました!』編~スタッフ岩崎のちょっと気になる気まぐれminiブログ Vol.49

こんにちは!

同じ漫画を2回買ってしまい、後悔している岩崎です…。
ちゃんと読んでから買わないといけませんね…!

そんなことはさておき、
大変遅れました!
『大村孝佳 Kemper解説セミナー』
を開催致しましたのでその様子を
レポートさせて頂きます!

今回も長文です!
それではいきます!

大村孝佳 Kemperセミナー&LIVE開催致しました!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121120025j:plain
前回開催から約2年…!
『大村孝佳さん/Kemperセミナー』
を行いました!

本日も満員御礼!
ありがとうございます!

ではではまずは大村さんの
プロフィールをおさらいっ!

大村孝佳 プロフィール

f:id:shima_c_ayagawa:20171121202914j:plain
大村孝佳 (Takayoshi Ohmura)
1983年12月26日生
大阪府出身

3歳からピアノを習い始め、11歳の時に父親の影響によりアコースティックギターを弾きはじめる。14歳でエレクトリックギターを弾きはじめ、17歳で洋楽のハードロック/ヘヴィメタルに出会い、強い衝撃を受け傾倒してゆく。
2002年、MIジャパン大阪校のGIT-DX1期生として入学。
2004年8月25日、キーボード/サウンドプロデュースにARTENSIONのVITALIJ KUPRIJを迎え、ボーカルにRICHIE KOTZEN、MARK BOALS、そして DOOGIE WHITEをフィーチャーしたファーストアルバム”Nowhere To Go”をリリースする。
2005年、バンドCROSS HARDを結成し、アルバム”ECLIPSE FROM EAST”をリリースし、クラブチッタでのワンマンライブを成功させる。その後、各メンバー多忙により活動凍結。
2005年11月25日、大村孝佳本人がプロデュースし、ギターオリエンテッドを追求したアルバム”POWER OF REALITY”をリリースし、若手ギタリストとして確固たる地位を築くこととなる。
2006年、CROSS HARDでもベースをプレイしていた元スパイラルフリーのKaoruとGLORIAを結成。
2007年8月22日、1stに引き続きDOOGIE WHITE、そしてTONY MOORE、TERRY ILOUS、TED POLEYの実力派ボーカル4人をゲストに迎えて完成させた”Emotions In Motion”をリリース。
2008年、Marty Friedmanのソロライブに、サポートギタリストとして参加。以後も継続。また、Marty Friedman鈴木慎一郎のユニット「LOVEFIXER」のライブサポートも行う。
2009年、台湾の歌姫A-mei(阿妹)こと張惠妹(張恵妹)のアジアツアー(AMIT LIVE TOUR / 阿密特元年世界巡迴演唱會)に、サポートギタリストとして参加。
2010年、元宝塚のAKANE LIV率いるLIV MOONに参加。
2011年、菊池成孔主催のDCPRGに参加。同年5月には、Marty Friedmanの1ヵ月に及ぶEUツアーに同行。同年12月25日、C4@新宿LOFTのライブにて、C4に正式加入を発表。
2012年12月24日、豪華ゲスト陣を迎えて制作された、5年ぶり4枚目のソロアルバム「Devils In The Dark」発売。
2012年12月26日、8年ぶりのワンマンライブを目黒ライブステーションにて行う。
2014年5月、Marty FriedmanとGus G.のダブルヘッドライナーEUツアー「Guitar Universe 2014」に参加。
2014年9月6日、デビュー10周年記念ワンマンライブをSHIBUYA REXで開催。
2015年7月、元Asrielの黒瀬圭亮が結成したスーパーバンドUROBOROSに参加。
2016年1月、4度目のワンマンライブをClub 1ne2woにて開催。
現在は自身のソロ活動と並行して、C4、LIV MOON、DC/PRG、Marty FriedmanUROBOROSなど他多方面で精力的に活動中。

大村孝佳 公式ツイッター

twitter.com

今回は、㈱コルグ/中森さん 、Kemper社/久保山さん協力の元
Kemperセミナーを行って頂きました!

ちなみに、前回の様子はこちらっ!↓
ayagawa.shimablo.com

それではお待たせしました!
セミナーレポートです!

リハスタート!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121122520j:plain

おっ!

大村さん到着!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121122655j:plain
大村さん到着と共に、リハが早速スタート!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121122847j:plain
まずは会場に合わせての音作りをスタート!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121123049j:plain
当日使うモニターも準備万端です!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121123137j:plain
もちろん、毎度お馴染み久保山さんも参加!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121123203j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121151740j:plain

大まかな音作りが終わり、
オケに合わせて音量バランス、
返しのバランスを調整していきます!

リハ中にお話もさせて頂き、
最近はエフェクトにスペースを
入れるのがハマっているなど教えて頂きました!

そんなこんなでリハも終わり、いざ本番っ!🔥

Kemperセミナースタート!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121151909j:plain
スタートは大村さんと久保山さんの
コントみたいな掛け合いから和気藹々とスタート!(笑)
最近月一ではあっているらしく、
見事な掛け合いでした!(笑)

掛け合いも終わり、まずは1曲!ってことで、

『Shadows Of Eternity』

f:id:shima_c_ayagawa:20171121152419j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121152426j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121152431j:plain
一曲目にもってこいなアップテンポでハードな曲から
勢いよくスタートです!

セミナーレポートの前に…、
当日セミナーに参加頂いた方は
もちろん、お気づきの方もいるかもしれません…。

そう!
いつもとカメラのアングルが違う!

なんと、当日大村さんにカメラマンとして
大量に写真を撮ってほしいと言われたので
ステージ横で写真をバシバシとらせて頂きました!
(1枚目写真の久保山さんの前らへんでカメラマンしてました!)

なので、いつもより大迫力な画像でお楽しみ下さいませ!

それではレポートに戻ります!

演奏が終わり、まずはKemperの説明から!
f:id:shima_c_ayagawa:20171121153214j:plain
Kemperは他のアンプとは違い、デジタルで空間の音を
再現していると久保山さんが熱弁!
f:id:shima_c_ayagawa:20171121153408j:plain
モデリングはまったくしないので、
好きなアンプをそのまま取り込んでくれます!
f:id:shima_c_ayagawa:20171121153623j:plain
また、大村さんからも一言あり、
「同じ音は絶対にならない、その時間、その瞬間しかその音が出ない。」
この言葉に久保山さんがすかさず、
Kemperはその瞬間の音を取り込むことができます!」
こんなに息の合ったセミナーは過去にあったでしょうか?(笑)
見ていてとても気持ちよくなっていきます!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121154211j:plain
大村さん曰く、
「他社は他社が作ったモデリングアンプ
 Kemperは自分が作っていくモデリングアンプ
 自分の好きなようにモディファイしていけるのが良い!」

との事でKemperを使われているようです。
f:id:shima_c_ayagawa:20171121154227j:plain
また、久保山さんからは11月12日現在で1万680個近くの
Rigデータあり、現在ではプロのエンジニアが作った
アンプデータが販売されているという事も事も教えて頂きました。

f:id:shima_c_ayagawa:20171121154455j:plain
今後、大村さんが使っている
Rigデータの販売も検討中との事です!
🔥

これは非常にたのしみですねっ!

ちなみに本日のデータは前日のステージ上で
ダウンロードしたデータを使用しているとの事です!

大村さんは、
『Friedman/STEVE STEVENS
が好みだそうで当日は実際にRigマネージャーに
落ちていたデータを使用されていました!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121155007j:plain
そのデータに、大村さん秘蔵のキャビデータを
呼び起こし当て込むことで音作りをされていました。

また、大村さんの音量に関するお話もあり、
「ステージ上で自分の音はあまり聞きたくない。」
らしく、
「家で聞くレベルが最高に演奏しやすい。」
との事でした!

小さな音量でもPAにそのままKemperをさせば
音量の問題もなくなるので大型のライブでも
問題ないとの事です!

さらに、現場に自分が好みではないキャビしかなくても
Rigデータを使い、自分の好きなように出来るので
本当に便利!との事でした。

実際、岩崎もKemperを使っているのですが
ここは非常に実感します!
スタジオや演奏環境が変わっても自分好きな音が
すぐに作れるので非常に便利だと毎回感じております!🔥

f:id:shima_c_ayagawa:20171121155737j:plain
この話から大村さんの現場でどのようにKemper
使用しているかという話になり、少し見にくいですが
ステージ上の画像を見せて頂きました!

大村さんは2台置きしており、上は予備の
Kemperとなっており、ステージ上でなにか
あってはいけないから念のためにとの事でした。

実際、今までに壊れた事もなく
耐久性も素晴らしいとの事でした。

僕も、夏場部屋に持って帰るのがめんどくさくて
車の中に入れっぱなしで夏を過ごしたのですが
全く壊れなかったのでかなりびっくりした
思い出があります…!
(※壊れても保証できません。危険なのでやらないでくださいね…。あくまで岩崎の体験談です…。)

そんなこんなで次は質問コーナーへ…!

質問コーナーPart.1

f:id:shima_c_ayagawa:20171121162023j:plain
なんでもお気軽にど~ぞ!との事で
様々な質問が…!
・会場別でEQを保存できるのか?
・炎天下での使用はどうだったのか?
などKemperに関する質問が多かったコーナーでした!

その中でも、
・今後Kemperのエディターがもしかしたら出来るかも?
・大村さんがどこのラックケースを使っているのか?
など気になるお話が飛び交っておりました!

ある程度話したのでもう1曲…!って事で次は

『Tell Me Why』

f:id:shima_c_ayagawa:20171121162549j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20171121162553j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20171121162557j:plain

f:id:shima_c_ayagawa:20171121162603j:plain
ヘビィーでメロウなサウンドが会場内に
響き渡ります!

演奏も終わり、次は使用アーティストの紹介!
大村さんをはじめ、様々なアーティストさんが
現場で使用中との事!
f:id:shima_c_ayagawa:20171121163127j:plain
もちろん、先日セミナーを開催して頂いた
この方たちのお話も!
ちょっとした裏話もあったりなかったり…!

これもセミナーならではの特権ですねっ!

この話からレコーディングの話にうつり、
Kemperのリアンプ機能に関してのご案内!
f:id:shima_c_ayagawa:20171121181736j:plain
Kemperはレコーディング時にリアンプボックス
などの変換ツールはいらないので簡単にレコーディング
出来るとの事!

ちなみに、大村さんはドライ音をみてレコーディングし
完ぺきに取れたらリアンプするとの事!

結構サクッとお話しされていましたが、ドライ音で
あの楽曲たちがレコーディングされてたという事を
考えると…。
非常に感慨深いものです…。

また、Kemperに入っているエフェクターのお話も!
f:id:shima_c_ayagawa:20171121183258j:plain
最初はKemper+コンパクトエフェクター
ライブを行っていたらしいのですが、
最近はアップデートした内容がとてもよかったので
Kemper単体だけでも全くないとの事でした!

ちなみに現在70個近くエフェクターが内蔵
されており、ジャンルも様々な物があるので
一度使ってみて下さい!との事でした!

そしてREMOTEのお話も…!

REMOTE

f:id:shima_c_ayagawa:20171121183724j:plain
もう、Kemper使用者にはお馴染みですねっ!
本日は現場で使用されている方ならではのお話が…!

大村さんは付属でついているLANケーブルと電気屋で
購入したものを使用したことがあるらしく、
LANケーブルによっては通信の問題はないが
LEDの光り方が違うとのことでした…!

これは岩崎も全く知りませんでした…!

久保山さん曰く、
家庭用で使われるぺちゃんこのLANケーブル
電源が弱く、LEDの光り方が弱くなるとの事です。💡

もちろん、LANケーブルなのでハブにも対応しているので
大きなステージ、切り替えをバックにも頼む方はハブを使用し
同時にREMOTEを使う事ができるとの事でした。💡

また、
「REMOTEはスイッチノイズが入りにくく、
バッと音が切り替わらないのが良い。」

と大村さんから話があり、そこに関しては
久保山さんからの解説があり、
Kemperはわずかなフェードアウト/フェードイン
を行っているのでそのような音の切り替えになっている。」

との説明がありました。

f:id:shima_c_ayagawa:20171121184755j:plain
本日使われたエクスプレッションペダルの説明もあり、
大村さんはXVP-20を使用しているとの事でした。

もともとはボリュームペダルを使っていたようですが、
どれだけ機材紹介欄に「劣化しない。」と書いていたとしても
音が変わってしまう可能性があったりするので、
大村さんはエクスプレッションペダルを使用している
との事でした。

もちろん、アナログアンプの時はボリュームペダルを使用して
いい音がする時はボリュームペダルを使っているとの事でした。💡

最後にRigデータの管理方法についてお話があり、
USBに入れてデータを管理したり、
大村さんは念のためにドロップボックスに
データを入れて置き、必要になった場合は
そこからダウンロードするようにしている
との事でした。

そして質問コーナー第二弾のスタートです…!

質問コーナーPart.2

f:id:shima_c_ayagawa:20171121191638j:plain
こちらのコーナーでもKemperに関しての
質問が飛び交っておりました!

そしておもむろに久保山さんが…。

You,弾いちゃいなYo!

久保山さんが急に
「You,弾いちゃいなYo!」
のコーナーはしなくて大丈夫ですか?
と大村さんに問いかけると、
「そんなコーナーは作った覚え無い。(笑)」
と仰っていたものの大村さんの機材を
実際に試せるコーナーを急遽開催!
(※久保山さんが勝手に名前をつけていたそうな…。(笑))

f:id:shima_c_ayagawa:20171121192728j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121192734j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121192742j:plain
実際に大村さんの機材が触れるなんて…!
うらやましい企画です!

しかも試奏後には大村さんが使用している
ピックのプレゼントもあったり、なかったり…!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121193124j:plain

それはこんな笑顔にもなりますよねっ!

そんなこんなで最後に1曲!ってことで…!

Never Surrender

f:id:shima_c_ayagawa:20171121194121j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121194125j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121194129j:plain
最後はカッコよく、岩崎も大好きな曲、
『Never Surrender』
で、派手に締めくくって頂きました!

そんなこんなでセミナーは無事終了っ!
最後に記念撮影を!

記念撮影

f:id:shima_c_ayagawa:20171121194803j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121194816j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121194821j:plain

記念撮影も終了し…機材撮影タイム!
本日使用した機材はこちらっ!

機材

ESP SNAPPER Ohmura Custom(通称:ピンクちゃん)

f:id:shima_c_ayagawa:20171121200126j:plain

BACK

f:id:shima_c_ayagawa:20171121200336j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121200339j:plain

kemper/PowerRack&Marshall/1960a

f:id:shima_c_ayagawa:20171121200649j:plain

BLACK MESSIAH BA003

f:id:shima_c_ayagawa:20171121200723j:plain
今、世界で一番売れているバッファーだと思います!

Kemper/REMOTE&KORG/XVP-20

f:id:shima_c_ayagawa:20171121200821j:plain

ピック

f:id:shima_c_ayagawa:20171121201134j:plain
実はイベント前に、当日お客さんにプレゼントする
ピックをちゃんと弾いて選定されていました!
細かいところまで…流石です!

機材撮影タイムも終了し…

サイン会!

f:id:shima_c_ayagawa:20171121201314j:plain
f:id:shima_c_ayagawa:20171121201320j:plain
即席のサイン会も行って頂きました!
CDやTシャツ、教則本へのサインや、
当日Kemperを購入された方にでかでかとサインを
書いて頂いたり…、うらやましい限りです!
そんなこんなで無事イベントは終了!

おまけ

f:id:shima_c_ayagawa:20171121195051j:plain
集合写真の岩崎有Verです。(笑)

また開催出来る事を祈りながら
岩崎もイベント頑張ります!

みなさまの一言が次のイベントに繋がるかも?

みなさんもぜひ遊びに来てくださいねっ!

そんなこんなで
ブログはこれにて終了!
次回もお願いします!!
それではさよ~なら~!!
岩崎

店長穴吹のminiブログ『今、この人キテるやん?』編 Vol.4

皆様こんにちは!店長の穴吹です。すっかり夏も終わっ
てあっという間に秋!その秋ですらもう終わりの予感
…!不定期でお届けしているこのブログもVol.4!皆様
いかがお過ごしでしょうか?

さて、お店にはおかげ様で様々なお客様が来店してく
ださっていますが、今回ご紹介したい方はコチラ!!

TELESTELLA(テレステラ)のベースボーカル、北村
くんです!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110123407j:plain
普段はバンドで活動していますが、この日はアコギの
ペグ(糸巻き)が壊れたとの事で来店!ピックもしっ
かりゲットし、いつもの質問タイム!

穴吹『そういえば、このブログではオススメの機材を…』

北村くん『いやー喉がやばいっす。』

穴吹『えっ!?』

北村くん『いや、喉がやばいんすよねー』

穴吹『そうか…じゃあオススメの機材を…』

北村くん『喉に効くやつ、めっちゃありますよ!』

穴吹『お、オッケイ!』

という事でボーカリスト必見!喉のケアに関して北村く
んがオススメのケア製品をご紹介してくれました!
f:id:shima_c_ayagawa:20171110123433j:plain
穴吹『めっちゃいっぱいある!』

北村くん『のどの具合によって使い分けてます!のど飴
とかはちょっと調子悪い時とかに使うんですけど、最強
なのは龍角散ですね!これは最強。』

使用感や効果は人によって違うとは思いますが、ボーカ
リストとして喉のケアは大事ですよね!普段もマスクを
したり加湿したりとケアは怠らずやっているようです!
特に今からは乾燥の時期に入るので、皆様も是非試して
みて下さい!

あとは意外とスポーツの時にはストレッチを行います
が、ボーカリストの方も実は喉や首周りのストレッチ
するだけでも全然変わりますよ!

それではバンドの紹介に入りたいと思います。
f:id:shima_c_ayagawa:20171110153127j:plain
Ba.Vo. キタムラカツキ、Gt.Cho. タキユウヤ Dr.Cho.
ナガイケリョウタのスリーピースロックバンド。


2012 中学校の同級生で前身バンドを結成。
2014/11 メンバーチェンジを経て、現在のメンバー
となる。
2015/9 アーティスト名を「TELESTELLA(テレステ
ラ)」に改名。ラテン語の「tele(遠い)」と「stella(星)
」を組み合わせた造語である。「遠い星にも届くような
音楽を。」という想いが込められている。
2015/10 1st Single「entrance」をリリース。全国8
ヵ所を巡るツアーを行う。
2016/4 New Single「いつか」を4/16にリリース。
それに伴い、全国14ヵ所を巡るツアー「いつかって今
さ!TOUR2016」を行う。
2016/8 高松DIMEにて、地元バンド3マン企画「か
けざるぶっかけのどごし3マン~おばちゃん、ネギ抜き
って言うたやん!~」を開催。ソールドアウトを記録し
成功に終わる。
2017/4 NEW SINGLE「日々」を4/15にリリース。同
日のレコ発を皮切りにリリースツアーを開催。全国18
か所を回り、6/24に地元高松DIMEにてツアーファイナ
ルを開催。
2017/8 ライブ会場限定3rd Single「生きる」を8/26
にリリース予定。

まだまだ初期衝動を感じる彼らのロックを是非ライブ会
場でも体感してください!
f:id:shima_c_ayagawa:20171110162157j:plain
それではまた!

『藤岡幹大 ギターセミナー開催しました!』編~スタッフ岩崎のちょっと気になる気まぐれminiブログ Vol.48

こんにちは!
父親が履きつぶした靴を某オークションサイトに
「出品してみろ。」と父親に言われ、
出品してみたらまぁまぁな値段がついて
ちょっと驚いている岩崎です…。

意外なことがあるものです…。

そんな話はさておき、先月末に
藤岡幹大さんによるギターセミナー
が開催されましたのでその様子を
レポートさせて頂きます!

それではいきます!

藤岡幹大 ギターセミナー開催しました!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110115351j:plain
10月29日、シンコーミュージックさんご協力の元、
約一年ぶりに藤岡幹大さん
教則本セミナーを行いました!

ちょっとここで藤岡さんのプロフィールをおさらいっ!

藤岡幹大 プロフィール

f:id:shima_c_ayagawa:20171110114608j:plain
1981年生まれ。
中学時代にレスポール・タイプのギターを入手することでギター人生をスタートさせる。
その後、ポール・ギルバートやイングヴェイ・マルムスティーン
スティーヴ・ヴァイらの音楽に触れることでギターの腕を磨いていき、
高校卒業後にMI JAPAN大阪校に入学。
そこで多くの知識と技術を学び、卒業と同時に同校“GIT”講師に就任、
2002 年には新設“GIT-DX”へと抜擢され、その後、東京校“GIT-DX”講師に就任。
そして現在は東京校“GIT”で教鞭を執る。
幅広いプレイ・スタイルを持つ個性派ギタリストとして知られており、
“藤岡幹大 of TRICK BOX”名義で1st 作『TRICK DISC』をリリースしている。
様々なメジャーアーティストのサポートでも活躍中。
『コレを知らずにプロにはなれない ギタリストのルール・ブック』
『“巧”印象を与えガチなアコギの即効プチワザ集』
『アドリブ・ギター虎の巻』シリーズの各巻
シンコーミュージック・エンタテイメント刊)他、著書多数。

今回は、下記教則本をメインに
いろいな観点からギターセミナーを行って頂きました!

アドリブ・ギター虎の巻〜HR/HM編〜改訂版 CD付 試聴音源

アドリブ・ギター虎の巻〜テクニカル・フュージョン編〜(CD付) 試聴音源

アドリブ・ギター 虎の巻~ロック&ブルース編~改訂版 CD付 試聴音源

アドリブ・ギター虎の巻〜ジャズ・フュージョン編〜改訂版 CD付 試聴音源

アドリブ・ギター 虎の巻〜オール・ジャンル編〜改訂版 CD付 試聴音源

バカテク・ギター虎の巻 付録CD試聴サンプル


藤岡幹大 公式ツイッター

twitter.com

大人気教則本を使ってのセミナーなので
今回も多数の問い合わせを頂きました!

が!!!

なんと当日は台風直撃…。

セミナーはどうなったのか…!?

気になるところです…!

それでは当日のレポートです!

もちろん開催しました!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110115446j:plain
台風が来ておりましたが、藤岡さんも四国に入っている
との事でしたので無事に開催することが出来ました!

岩崎も気合が入ります🔥

物販コーナー

f:id:shima_c_ayagawa:20171110115646j:plain

アドリブギター虎の巻シリーズをメインに
藤岡さんの書物も沢山準備させて頂きました!

そうこうしている間に…。

f:id:shima_c_ayagawa:20171110115822j:plain

おっとこの姿は…!

藤岡さん到着!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110115933j:plain

去年に引き続き、岩崎のわくわくがとまりません!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110120100j:plain

本番で流すオケをチェックしながら…。

f:id:shima_c_ayagawa:20171110120154j:plain

ギターのサウンドチェックや、

f:id:shima_c_ayagawa:20171110120222j:plain

ギターとオケのバランスを確認するなど
念入りにリハーサルを行います!

気になる当日の機材ですが…。

藤岡幹大 当日使用機材紹介

f:id:shima_c_ayagawa:20171110120408j:plain

ESP/SNAPPER Fujioka Custom
kemper/PowerRack
Marshall/1960a

f:id:shima_c_ayagawa:20171110120710j:plain

Shure/GLXD16

f:id:shima_c_ayagawa:20171110121006j:plain

Jim Dunlop/ULTEX JAZZ3

これらの機材を使いながら本番をおこないます!

リハもおわり…次はまちにまった本番です!

ギターセミナー開催っ!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110121545j:plain
まずは一曲、派手なやつでっ!ってことで
教則本:バカテクギター虎の巻の曲』
から勢いよくスタートっ!

まー、カッコイイ曲なことで…。
どうやったらあんな風に弾けるのでしょうか…??
一曲目からテンションがあがりますっ!🔥

曲が終わり、『バカテクギター虎の巻』ついて解説があり、
出来た経緯としては、シンコーさんから
「馬鹿みたいに難しい教則本を作ってほしい!」
との依頼があったらしく、
「馬鹿みたいに難しい教則本を作った!」
との事でした…!

この話の流れからザクッと
「バカテクギター虎の巻」の内容にについてのお話に。

⇓ちなみにバカテクギター虎の巻はこちら⇓

「バカテクギター虎の巻」

f:id:shima_c_ayagawa:20171110122036j:plain
バカテク・ギター虎の巻[保存版](CD付) | シンコーミュージック・エンタテイメント | 楽譜[スコア]・音楽書籍・雑誌の出版社

章ごとにコンセプトをもって解説しているとの事でした。
f:id:shima_c_ayagawa:20171110122707j:plain

ちなみに藤岡さんのソロの作り方は、アドリブを弾いて、
「いいところは残し、いまいちな所は取り直す。」
スティーヴ・ヴァイ方式だとのことです!

ちなみにですが、藤岡さんのセミナーは解説で
有名なギタリストの名前がいっぱいで出来るので
聞いているだけでもとても勉強になり、楽しいのです!🔥

一旦ここで曲でも弾こう!
との事で…。

まってました!

仮バンドデモ演奏

f:id:shima_c_ayagawa:20171110124116j:plain
藤岡さんか所属する仮バンドから

Common time's Logic
Chuku

の二曲を演奏!

ちなみに、
「Common time's Logic」
ギター・ベースは11拍子/ドラムは4拍子
「Chuku」
全員13拍子
となっているそうで…、聴いただけでも鳥肌がたちます…💦

この流れから、変拍子の話となり、
バカテクギター虎の巻第三章の変拍子について解説をして頂きました!
教則本を見ながら説明して頂いたり、
f:id:shima_c_ayagawa:20171110124013j:plain
実際にホワイトボードを使ってリズムの取り方を解説!
f:id:shima_c_ayagawa:20171110122844j:plain

変拍子の解説も終わり、
一旦質問コーナーに!

質問コーナー

f:id:shima_c_ayagawa:20171110124044j:plain
・藤岡さんがヤバイと思う曲
・腱鞘炎について
・モチベーション維持について
など様々な質問が飛び交っておりました。

さまざまな質問が飛び交ったのちに、
もう一曲っ!って事で、JAZZのスタンダードナンバー
「Take5」を演奏っ!

しかし、ここは藤岡さんっ!
「Take5」を少しアレンジして演奏っ!

通常5拍子の「Take5」を4拍子に変更し、
5連符だけで弾くとの事でした🔥

たしかに、演奏しているのを聞いて
リズムをとってみると4拍子になっている…。

凄かったです!

リズムの取り方でこんなにも聞こえ方がかわるなんて…、
岩崎も勉強になりましたっ。✍

そして演奏後にもう一度質問コーナー

質問コーナー Part2

ここでは、
・スイープ中でのピックの持ち方
・ミュートに関して

など質問が飛び交ったのですが
中でも凄かったのが、

f:id:shima_c_ayagawa:20171110124812j:plain
画像ではわかりにくいと思うのですが、
お客さんに1フレットあたりをずっと
指ではじいてもらい、ずっと音が鳴り続ける状況をつくり
藤岡さんはしっかりとブリッジミュートを行い、
『出したいの音だけ出し、他のの音は全く出さない。』
というすご技を披露して頂きました!

リフを弾いても、ソロを弾いても、
しまいにはスイープをしても
本当に弾きたいであろう音しか出てなく、
お客様から歓声が沸いた瞬間でした💦

ブリッジミュートを極めるとここまでいくのか…と
岩崎も開いた口が塞がらなかったです…!

f:id:shima_c_ayagawa:20171110130023j:plain
それでも違う音がどうしても出てしまう場合は
指で無理矢理抑えるとの事でした。(笑)
これは藤岡あるあるだそうです。

そんなこんなで最後に
それぞ藤岡さんの定番曲、
『Harmony X』
を演奏して頂き、無事セミナーは終了っ!
f:id:shima_c_ayagawa:20171110130232j:plainf:id:shima_c_ayagawa:20171110130239j:plain
台風の中皆様、ご参加いただきありがとうございました!
また参加できなかっ方、来年も行ってくれるとの事なので
是非次回をお楽しみにっ!

そんなこんなで
ブログはこれにて終了!
次回もお願いします!!
それではさよ~なら~!!
岩崎

スタッフ廣瀬の心のShoutブログVol.11 ~シマレココーナーリニューアル~

こんにちは!お久しぶりです!廣瀬です!
なんだか月日が流れるのが凄まじく早くて、
気が付けばとっても久しぶりの更新になってしまいました(;´・ω・)
廣瀬辞めたのではないか疑惑をたまにお客様から言われますが、元気にお店に居ますよ!!
これからまたちょこちょこ廣瀬が声を大にしてみなさんに伝えたい事を更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします!

そんな久しぶりな廣瀬が、今回ご紹介するのはこちら!!!

SHIMAMURA RECORDS!!!
そうです!シマレコです!

シマレコはシマブロによく登場するので、
このブログをご覧の方はもうシマレコの存在をご存知の方も多いのではないでしょうか!?
何それ!?まだ知らないよー!って方は、シマレコについての紹介は、
先日スタッフ岩崎があげたブログが分かりやすいので、ぜひこちらをチェックしてみて下さいね♪
ayagawa.shimablo.com

シマレココーナーリニューアル

シマレコ担当スタッフ変更に伴い、シマレココーナーが変わりました!

f:id:shima_c_ayagawa:20171109153344j:plain

今回も何組かのアーティストさんをピックアップして展示しております!

f:id:shima_c_ayagawa:20171109153502j:plain

もちろんこちらのCDは購入もできますし、ヘッドホンで・・・
全バンド試聴する事もできます!!!
ヘッドホン使わずにスピーカーからも聴けます♪)

f:id:shima_c_ayagawa:20171109154119j:plain
(新シマレコ担当、辻本と廣瀬)

リニューアルにより、以前よりスッキリしてCDが探しやすくなりました!
ぜひ一度、島村楽器綾川店内シマレココーナーに遊びに来てくださいね♪

本日の廣瀬Shoutポイント

①まだ世の中に知れ渡っていないけど、かっこいいバンドは本当に沢山居る!!!
ぜひ、シマレココーナーにある色んなアーティストのCDを聴いて、
みんなよりも早くその情報をキャッチしてみませんか?
そして、CDが気に入ればライヴに遊びに行くというのも楽しいと思います!

バンドマンの方はシマレコを使ってバンドの知名度を上げよう!
シマレコでの委託販売は随時募集しております!
ぜひCDができたら綾川店に持ってきて下さいね♪
お手続きもとっても簡単です!
もちろん香川以外のバンドさんも、
ライヴついでや旅行ついででも大丈夫なのでCD持ってきて下さい!
我こそは!!という熱い熱意を感じたバンドさんは、
随時ピックアップして展示&ブログで紹介させて頂きます!!!

ご不明な点があれば、廣瀬か辻本までご連絡下さいね♪
かっこいいバンドさんの音源、沢山お待ちしております(*'ω'*)


ちなみに、綾川店のシマレココーナーはお店の一番奥にございます!
場所が分からない方は、スタッフにお尋ねくださいませ♪


という事で、久しぶりのシャウトブログ、いかがでしたか(*'▽')?
また次回の更新も楽しみにお待ちください!
それではまた!よろしくお願いします♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.